テニスやったことないのにテニス肘と言われ…???肘の痛み

身体の見方

さて、スポーツケア三鷹での身体のみかた今回は、ひじの痛みを訴える方が数人いたので肘痛についてお話します。参考にしてみて下さい。

テニス肘って何?

整形外科でテニス肘ですねと言われ電気をかけたりリハビリにとしばらく

通院するも変化なく私どものもとに来られるパターンが多いのですが

先日も、「テニスやったことないのに・・・テニス肘て言われました。」と

少々、納得してない方が来られました。

日本整形外科学会でもテニス肘を上腕骨外側上顆炎と定義してるようです。

簡単に言うと肘の外側が痛いのをテニス肘と呼び

反対に内側が痛いとゴルフ肘と呼ばれることが多いようです。

テニスやゴルフをする人に多く見られる症状なの俗称がついてる感じです。

中年世代の肩の痛みを五十肩と呼びのと一緒だということです。

症状としては、手を握ったり物をつかんだり、タオルの絞り動作、ペットボトルのフタの開け閉めの動作で肘の外側に痛みが生じます。動かさない安静時には痛みの発生はほぼない

原因としては肘から下(前腕部)を多く使う、手先や手首の返しが多いと前腕の伸筋群の使い過ぎと診ることが一番多いと思われます。

当院での治療アプローチとは?

局所として前腕伸筋群の状態を把握する。

筋肉でいうと腕橈骨筋、長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、総指伸筋

これらの筋肉がガチガチに固まっていることが多い

そしてこれらの筋肉を支配する神経は何か?

その神経はどこを触れば刺激できるのかを知っているかいないかで効果が

違うと思われます。

鍼治療が効果的なので鍼が大丈夫な方は必ず使用します。

ツボで言うと曲池が必須でプラス○○、○○と何個か選択します。

筋肉を緩める場合は、狙った筋肉の起始・停止を狙うことを大事にしてます。

もう一つは全体の中の繋がりで見ていくことも重要で

腕というパーツの中の肘関節であるので肩や肩甲骨、手関節(手首)との

関係性を見ることが重要だと考えてます。

余談ですが、これは他の関節でもいえることで膝が痛い時に

膝関節と股関節、足関節(足首)3つの関節の関係性を見ないと膝は良くなりません。

関節の動きは繋がりをもって連動していると考えるからです。

膝が痛い時に膝ばかりアプローチしても良き結果を得られない場合が多いと思います。

話を元に戻します。野球で肘が痛くなる場合は、肩甲骨を上手く使えていないことが多くみられます。手投げとかスナップだけで投げることを多くすると肘は迷惑を被るのです。

PC作業が多い、調理の仕事をしてる方でも肘が痛いと訴える方は大勢います。

PC作業は、打ち込むキーボードの位置で手首と肘のどちらが高い位置にあるかでストレスがかかる場所が変わります。場合によっては肩をとんでもなく酷使してる場合もあります。

調理でも包丁をどう使うか切り方で手首の使い方が変わり肘にストレスがかかる場合が出てきます。

これらは職場環境ですが、ご自身は毎日当たり前にやっているので気づかないことの方が多く自身の行動が痛みを誘発する場面は多くみられます。

なので会話でコミュニケーションをとりその人のバックグランドを理解することも大事な治療のひとつだと考えています。

共通して言えることは、肘だけではなく手関節や肩関節を含め

連動する関節の動きを上手く調整して繋げていく協調性の作業を大切にしています。

画像2

肘痛難治性の存在

肘痛には、原因がつかめなく難治性も存在しています。

当院では、難治性症状を取り扱った経験がないのですがこういった場合は

筋膜切開術、切除術、前進術、肘関節鏡視下手術などがあるようです。

オペ適用となりうるので専門医に見てもらう方が良いでしょう。

当院で扱う肘の痛みは上記のような見方で治療をしていくと期間は個人差がありますが、全員痛みは消失して良い結果を得ています。

保存療法で適応できることの方が多いのだと思います。

予防策としては

※手首や指のストレッチ(狙いは前腕筋)をこまめに行います。
※スポーツや手をよく使う作業使用法を考える(環境因子の考慮)
※運動時のバンド装着やテーピング

これらの予防策も指導できますので肘の痛みでお困りの方

スポーツケア三鷹までお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました