膝が痛い!『サプリ飲んで快適です』は本当?

こんにちは、スポーツケア三鷹身体のみかた今回のテーマは、立て続けに膝の痛みで来られる方が多かったので膝です。同時に同じくサプリメント飲んだら効きますか?質問が連続したので今回は、このサプリメントについて考えていきたいと思います。

医薬品とサプリメントの違い

医薬品とサプリメントは法律で厳格に区分けされています。
医薬品とは、厚生労働省による厳しい審査に合格した製品で品質や効果は一定のレベルに保たれ「効能・用法・用量」を記して販売できるのです。

サプリメントは、あくまでも食品(健康食品)に分類されます。
同じ製品であっても品質が異なるケースもあり効能・効果(どういう病気に効く)や用法・用量を表示することはできません。

薬は主に病気の人が、サプリメントは健康な人が使うことを想定して作られ目的対象に違いがあります。

膝サプリと言えばグルコサミンやコンドロイチン

グルコサミンは、アミノ糖の一種
コンドロイチンは、ムコ多糖の一種

どちらも体内で合成されますが、合成能力は老化で衰えていきます。なのでこれを補給することで、膝痛の改善に効果があると期待されているのですね。

元々体内にあるもなのでサプリとして適切に使用すれば安全は担保されますが、カニやエビの殻に含まれる製品など食品アレルギーに注意が必要

糖尿病の人が使用する場合は血糖値の変化に注意です。

また血液が固まるのを防ぐ薬(ワ ルファリン)の作用を強めたという報告もありますので市場のある方は医師や薬剤師に相談した方が良いでしょう。

本題!膝サプリは効くのか

飲むか飲まないかで迷ってる方に私はサプリを飲むことに意味がないと伝えています。しかしながらすでに飲んで痛くなくなったという方にはどうぞ飲んでくださいと言います。

飲むことに意味がないと伝える理由

効果がないという根拠として、海外の英国医師会誌『BMJ』や世界的権威のある医学総合誌『ニューイングランド・ジャーナル』でも明確な結果が得られなかったと報告されています。
本当にその症状に効くというデータが実証されれば、医薬品として承認されるはずだと思うのが1点目

軟骨は再生しないというのが医療現場の常識だと思っているのが2点目
スポーツの現場では軟骨損傷で苦労した選手を見てきたのが今でも頭に残っているので・・・

健康食品に分類されるサプリを経口し分解され吸収され血中で運ばれそもそも膝にどれだけ届きどれくらいの再生効果を発揮できるのか甚だ疑問を感じるのが3点目です。

摂取して痛みが取れたという方に継続させる理由

こういう方はプラセボ効果で痛みが消えていると思いますが、本人が聞いてると思い痛みが出ないのであればそれはそれで良い効果が得られいるのでむやみに否定することはしません。膝の痛みが消えて日常生活が遅れればこれに越したことはないと思います。

今回は、膝のサプリについて考えを示してみましたが次回は膝の痛みに対してどう向き合ってるかをお伝えしたいと思います。

膝でお困りの方はスポーツケア鍼灸スポーツマッサージ三鷹治療院までお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました